ver.1サポートサイト

フラグを立てたメールアドレスにだけ配信したい

最終更新日:2021年11月30日

概要

SPIRAL ver1ではDBに登録されている会員に対して何かしらのフラグ(属性)を持つ会員のみを抽出してメール配信することができます。

例えば、抽選を行い当選した方のみにメールを送りたい、一部の会員に対してメールを再送したい時など便利な機能です。

メール配信の機能と「抽出ルール」機能を組み合わせてセグメント配信を行います。

配信対象フラグを立てる

メール配信対象の会員にフラグを立てます。

フラグを立てるには会員DB(メール配信をするDB)にセレクトタイプのフィールドを追加し、設定を保存します。

DBへのフィールド追加手順は「通常DB」をご確認ください。

※会員DBが作成済みでない場合は、会員DBを作成する必要があります。

 

セレクトフィールドを追加しフィールド名を「配信フラグ」などに変更します。

 

追加した配信フラグフィールドのラベル設定を下のキャプチャを例に設定します。

 

 

 

会員データのダウンロード

会員データを加工するために会員DBから会員のデータをダウンロードします。

データ一括出力」より会員DBから会員データを一括でダウンロードすることができます。

会員データの一括ダウンロードの詳細については「データ一括出力」をご確認ください。

 

不要なフィールドの「出力」のチェックを外してダウンロードします。

 

 

 

会員データの加工

ダウンロードした会員データをエクセルで開き、エクセル上で会員データを加工します。

※加工したデータはタブ区切りで保存してください。

 

ダウンローダしたデータをエクセルで開いた後、「配信フラグ」の列に配信フラグフィールドで設定したラベルIDを入力していきます。

 

ラベルIDとは配信フラグフィールドで設定したラベルごとに振られている番号のことです。

今回は、配信対象のラベルIDが1、配信対象外のラベルIDが2なので

「配信フラグ」の列で配信対象の会員に「1」を、配信対象外の会員には「2」を入力しエクセルを保存します。

 

 

 

会員データの一括更新

会員データの加工ができたら会員DBに登録されている会員データに対して一括で配信フラグの更新をかけます。

一括更新は「データ一括登録/更新」から行います。

会員データの一括更新の詳細については「データ一括登録/更新」をご確認ください。

 

今回は既存のデータに更新をかけるので登録の種類は「更新」を選択します。

 

更新が完了したら「データ操作(DBオペレーション)」から配信フラグが反映されているかを確認します。

 

 

 

抽出ルールの作成

会員データの配信フラグの更新ができたら抽出ルールを作成します。

会員DBの中で「配信対象」とフラグが立っているレコードのみを絞り出す抽出ルールを作成します。

抽出ルールにの詳細については「抽出ルール」をご確認ください。

 

DB毎の抽出ルール名を入力します。

※後ほどフィールド毎の抽出ルール名を決めます。

 

フィールド毎の抽出ルールにて、条件設定方法を「通常(ANDのみ)」を選択し、フィールドは「配信フラグ」を選択します。

 

「配信フラグ」フィールドの右端の「編集」ボタンをクリックします。

 

 

フィールド毎の抽出ルールの新規作成画面にて抽出ルール名を入力後、

抽出条件、抽出方法を下のキャプチャのように設定し「新規作成」ボタンをクリックします。

クリックした後は設定画面に戻ってください。

※フィールド毎の抽出ルール名は一番最初に入力した抽出ルール名と異なる名前にする必要があります。

 

最後に「新規に追加」ボタンをクリックし、抽出ルールの作成が完了です。

 

 

 

メール配信

抽出ルールの作成ができたらメール配信の設定を行います。

メールの設定に先ほど作成した抽出ルールを反映させ、フラグが立っている会員にのみメールを配信します。

メール配信にはいくつか種類がありますが、今回は「EXPRESS2」を例とってご紹介します。

メール配信設定の詳細については「EXPRESS2」をご確認ください。

 

「配信リスト設定」内の「データベースの抽出ルール」にて先ほど作成した「メール配信用抽出ルール」をプルダウンから選択します。

 

封筒と文面を作成します。

 

配信リスト、封筒、文面、配信日時の設定が完了したら「試算」ボタンをクリックし、配信可能件数が想定している配信数と同じか確認します。

 

今回は配信対象フラグで「配信対象が」2件なので、抽出ルール適用結果は下のキャプチャの通り2件となります。

 

試算後、テスト配信をし問題なかったら配信予約をしてセグメント配信の配信予約が完了です。