ver.1サポートサイト


抽出ルール

最終更新日:2023年10月31日

「抽出ルール」では、データベースからデータを切り出す「抽出ルール」を作成することができます。

抽出ルールの設定は「通常(ANDのみ)」と「高度(AND,OR)」の2種類あり、

作成した抽出ルールはデータのダウンロードや、対象を限定して行うセグメント配信、仮想DB(フィルタ型)の発行で利用することができます。

 

※ 「高度(AND,OR)」で抽出ルールを作成した場合、「通常(ANDのみ)」の設定には戻せませんのでご注意ください。

 

 

【関連ページ】

抽出ルールを設定したい

高度な抽出ルールの設定例
抽出ルールが適切に設定されているか確認したい

 

 

1. 抽出ルールの新規作成

「DB」>「抽出ルール」をクリックします。

グローバルメニュー

 

「新規作成」ボタンもしくは「抽出ルールを新規作成してください」をクリックして、抽出ルールの新規作成に進みます。 新規作成ボタン

 

DBを選択し、名前を入力したら、「新規作成」ボタンをクリックします。

新規作成画面

2. 抽出条件の設定

①IDによる抽出

DBに登録されているレコードIDで抽出することができます。

idによる抽出ルール

 

②登録元による抽出

メールマガジン登録フォームから登録されたレコードだけを抽出したい、データ一括登録で登録されたレコードだけを抽出したい、など登録元を指定して抽出することができます。

登録元を指定していない場合、全ての登録元が抽出対象となります。

登録元を選択し、「追加」ボタンをクリックします。 指定から外す場合、「−」をクリックします。

登録元

 

③参照元DBの抽出ルールによる抽出

DB連携している参照元DBで作成された抽出ルールを使って、抽出することができます。

参照元DBと抽出ルールを選択し、連携しているDBに存在しているレコードを抽出する、またはレコード以外を抽出するを選択します。

参照DB

 

④フィールドの抽出ルール設定

DBのフィールドに登録された値で抽出することができます。

 

条件設定方法

フィールドの抽出条件の組み合わせ方を選択します。

条件設定

 

「通常」は、複数のフィールドの抽出ルールを「AND(かつ)」で組み合わせて設定します。

例)関東在住 かつ 会員規約に同意済み

「高度」は、複数のフィールドの抽出ルールを「AND(かつ)」と「OR(または)」で組み合わせて設定します。

例)( 関東在住 または 東北在住 ) かつ 会員規約に同意済み

 

※「高度」で作成した抽出ルールは、「OR(または)」など複合的な組み合わせになるため、シンプルな組み合わせである「通常」には戻せません。

 

通常(ANDのみ)の設定

フィールドを選択し、「追加」ボタンをクリックします。 「編集」ボタンをクリックし、フィールドの抽出ルール設定画面へ進みます。 フィールド追加

 

例)都道府県の場合

名前を入力し、抽出条件を選択します。

都道府県

 

抽出方法を選択し、「新規作成」ボタンをクリックします。

新規作成ボタン

 

高度(AND、OR)の設定

 

フィールド抽出ルールを選択し、条件構成要素(AND、OR、括弧)を組み合わせて、抽出ルールを設定します。 高度

 

1.フィールドの抽出ルールを検索できます。

2.フィールドの抽出ルールの新規作成画面を表示します。

3.フィールドの抽出ルールの設定画面を表示します。

4.フィールドの抽出ルールを抽出条件へ移動できます。

5.条件構成要素を抽出条件へ移動できます。

6.抽出条件の並べ替えができます。

7.フィールド抽出ルールの設定画面を表示します。

8.抽出条件から外します。

 

詳しい設定方法については「高度な抽出ルールの設定例」をご参照ください。

3. 抽出ルールを適用した結果を確認

設定した抽出ルールを適用した場合の件数を試算できます。 「試算」ボタンをクリックします。 試算

4. 抽出ルールを使用している設定を確認

抽出ルールが他の設定で使用されているかどうかを確認することができます。

 

「抽出ルール参照状況」ボタンをクリックします。

参照状況ボタン

 

抽出ルールが利用されている設定一覧を表示します。

参照状況一覧

 

「抽出ルール参照状況」は、一部機能では使用状況が表示されません。

表示されない機能につきましては、下記の表を参考に使用状況を直接ご確認ください。

「抽出ルール参照状況」に表示される機能

カテゴリ 機能 使用箇所 表示される設定名
DB トランザクションDB アクション アクション名
仮想DB(フィルタ型) フィルタ用抽出ルール 仮想DB名
仮想DB(連携型) レコードフィルタ設定 仮想DB名
トリガ ルックアップトリガ発動条件 トリガ名
宛名ラベル制作 識別名
Web 一覧表・単票 検索フォーム 検索フォームタイトル
メール EXPRESS2 配信リスト設定 配信設定の封筒名または件名
EXPRESS配信、シークエンス配信、サンクス配信、タイムリー配信 リスト リスト名

「抽出ルール参照状況」に表示されない機能

カテゴリ 機能 使用箇所 表示される設定名
DB 仮想DB(集合型) DB設定
定期実行 出力テンプレート
データ一括出力 出力テンプレート
Web フォーム 登録通知メール
集計表・グラフ 集計表設定
みてみて何でもランキング ランキングデータ
ならべて見せようショーケース 基本設定
CORPAS 組織診断 集計

 

5. 注意事項

抽出ルールを変更する場合、既存の設定の抽出結果が影響を受ける可能性があるため、「変更」ボタンをクリックする前に設定が正しいかどうか再確認してください。

 

・「試算」ボタンをクリックし、想定通りかどうか確認してください。

・「抽出ルール参照状況」ボタンをクリックし、他の設定に影響があるかどうか確認してください(「抽出ルール参照状況」に表示されない機能は、直接設定をご確認ください)。

 

【関連ページ】

抽出ルールを設定したい

高度な抽出ルールの設定例
抽出ルールが適切に設定されているか確認したい