ver.1サポートサイト

お問い合わせフォーム作成

最終更新日:2021年10月12日

概要

SPIRAL ver.1では用途に合わせたWebフォームを作成することができます。
ここではお問い合わせフォームを例に、Webフォームの作成の流れまでをご紹介します。

下記キャプチャはお問い合わせフォームの完成例です。

 

 

アプリ作成

アプリを作成します。
作成するWebフォームやDBはアプリに入れると管理しやすくなるためアプリを作成します。
アプリの詳細については「アプリ-機能詳細」をご覧ください。

 

DB作成

アプリ作成後、お問い合わせフォームからお問い合わせを頂くお客様のデータを登録するDBを作成します。
DB作成はアプリ作成画面から行います。
DB作成の詳細については「通常DB」をご覧ください。

例えば、お問い合わせフォームの場合、DBに必要なフィールドは以下が考えられます。

 

フィールドタイプ フィールド名
テキストフィールド64bytes 氏名
メールアドレス大・小文字無視 メールアドレス
電話番号 電話番号
登録日時 お問い合わせ日時
セレクト お問い合わせ種別
テキストエリア2048bytes お問い合わせ内容


※フィールドタイプの詳細については「フィールドタイプリファレンス」をご覧ください。

 

フォーム作成

お問い合わせフォームとしてWebフォームを作成します。
フォーム作成はアプリ作成画面から行います。
Webフォームの詳細は「フォーム」をご覧ください。

お問い合わせフォームでは以下の機能をよく組み合わせて使いますので参照ください。
登録通知メール
サンクス配信

動作確認

作成したお問い合わせフォームが正常に動くかを確認します。
フォームからDBにデータを登録してDBにデータが入っていることを確認します。

1.フォームを動作させてみる
フォーム作成後のトップページに記載されているURLから実際に稼働するかの確認をします。

2.データを確認する
フォームから送信したデータがDBに登録されているかをDBオペレーションから確認します。

テンプレート

お問い合わせフォームはテンプレートをご用意しています。
テンプレートを利用する場合はこちらをご確認ください。