ver.1サポートサイト

エラー発生時の対処法(メール)

最終更新日:2022年01月21日

概要

配信エラーが発生した場合に登録されるエラーコードのうち、お問い合わせの多いエラーコードの対処法(一例)を示しています。

・エラーの原因は様々な理由が考えられます。上から順に該当するものが無いかご確認ください。
・エラーコードは弊社が定義しているものではなく、受信側のサーバから返却された値をそのまま登録している状態となります。
受信側のサーバの設定によっては、受信者のメールボックスにメールが届いていてもエラーコードを返却することがあります。
エラーコードを返却する理由や詳細なエラー原因・対処法につきましては受信側のサーバ管理者にお問合せください。

エラーコード 5.0.0、5.1.1、5.1.2、5.2.1、5.2.2、5.4.1、5.7.0、5.7.1 の対処法一覧(一例)

 

対処法
メールアドレスに誤りがある、またはメールアドレスを変更している可能性がございます。
DBに登録されているメールアドレスが正しいものかご確認ください。
メールは届いていますが、受信側のサーバからエラーコードが返却された可能性がございます。
受信者のメールボックスにメールが届いていないかご確認ください。エラーコードが返却される理由については受信側のサーバ管理者にお問合せください。
受信者のメールボックスがいっぱいのため新しくメールを受信できない可能性がございます。
受信者のメールボックスがいっぱいになっていないかご確認ください。
受信端末のセキュリティ設定やメーラーの設定によって迷惑メールとして判断されている可能性がございます。
受信端末やメーラーの受信拒否・許可設定ご確認ください。
受信者側のサーバーから迷惑メールとして判断され受信拒否されている可能性がございます。
SPIRALからの送信メールが迷惑メールとして判断されていないかを受信側のサーバ管理者にお問合せください。
また、送信メールが迷惑メールとして判断されないよう「ユーザー側でできること」を取りまとめていますのでご参照ください。
受信者側のサーバーがメンテナンス中であったり、セキュリティを強化したため迷惑メールとして判断されるようになった可能性があります。
受信側のサーバ管理者にお問合せください。
サンクスメールをご利用の場合、リターンパスに設定しているメールアドレスが誤っている可能性があります。
正しいアドレスが登録されているかをご確認ください。

リターンパスの設定箇所については「サンクス配信」をご参照ください。

 

【関連コンテンツ】
配信ログが見たい
配信エラーになった理由が知りたい
配信エラーカウントの見方が知りたい