ver.1サポートサイト


メール認証会員登録フォーム

最終更新日:2023年10月31日

SPIRALver.1では、各種サービスにおける会員登録の際に利用するWebフォームを作成することができます。

メール認証を用いることで、メールアドレスの誤登録や不正登録等を防止することができます。

今回はメール認証型の会員登録フォームについてご紹介します。

 

アプリ作成

アプリを作成します。

作成するWebフォームやDBはアプリに入れると管理しやすくなるため、アプリを作成します。
アプリの詳細については「アプリ-機能詳細」をご覧ください。

DB作成

アプリ作成後、会員登録フォームから登録されたデータを格納するDBを作成します。
DB作成はアプリ作成画面から行います。

今回は仮登録DB、本登録DBの2つのDBを作成します。

仮登録DBはトランザクションDB、本登録DBは通常DBで作成します。

トランザクションDBを利用することで、仮登録分のレコード数を節約できます。

通常DBの詳細についてはこちらをご確認ください。

トランザクションDBの詳細についてはこちらをご確認ください。

 

例えば会員登録フォームの場合、DBに必要なフィールドは以下が考えられます。

フィールドタイプの詳細については「フィールドタイプリファレンス」をご覧ください。

仮登録DB
DBの種類 トランザクションDB

 

フィールドタイプ フィールド名
登録日時 TRDB_登録日時
メールアドレス(大・小文字無視) メールアドレス

※「入力必須」に設定してください。

※差し替えキーワードを「email」と設定してください。

 

本登録DB
DBの種類 通常DB

 

フィールドタイプ フィールド名
メールアドレス(大・小文字無視) メールアドレス

※「主キー」に設定してください。

※差し替えキーワードを「email」と設定してください。

テキストフィールド(64 bytes) お名前(姓)
テキストフィールド(64 bytes) お名前(名)
メッセージダイジェスト(SHA256) パスワード
電話番号 電話番号
 郵便番号 郵便番号
 都道府県 都道府県
テキストフィールド(128 bytes) 市区町村
テキストフィールド(128 bytes) 番地
テキストフィールド(128 bytes) 建物名・部屋番号
 登録日時 登録日時
日付(○年○月○日 ○時○分○秒) 最終更新日時
不正アドレスフラグ 不正アドレスフラグ
モバイルドメインフラグ モバイルドメインフラグ
重複フラグ 重複フラグ
エラーカウント 配信エラーカウント
オプトアウト オプトアウト
簡易パスワード 変更・停止キー
テキストフィールド(128 bytes) ユーザーエージェント

 

「差替キーワード」

差し替えキーワードには任意の値を入力します。

未入力の状態でDBを発行すると自動発番された値が設定されます。

「メールアドレス」について、仮登録DBと本登録DBとで同じ値に揃えておくと、後述のマイエリア設定時に設定しやすくなります。

 

「オプトアウト」フィールド設定

会員向けに広告宣伝メール等を配信する場合、メール受信者がメール購読の停止(解除)を申請できる導線を用意する必要があります。

オプトアウトフィールドを利用することで、配信停止受付および配信停止者の管理を行うことができます。

詳しい設定方法は「配信停止を受け付けたい」をご確認ください。

 

「変更・停止キー」の発番

「変更・停止キー」は、「認証キー」として使用するフィールドで、「フィールド値自動生成トリガ」を使用し「数字・アルファベット・記号」で値を自動生成してください。

「認証キー」は、今後会員情報変更フォーム等の更新フォームを作成する場合に必要となります。
詳細については以下をご覧ください。
・「フィールド値自動生成トリガとはどんな機能ですか
・「フィールド値自動生成トリガ

・「フォームの認証キーとは何ですか?

 

フォーム作成

会員登録フォームとしてWebフォームを作成します。

仮登録フォーム、本登録フォームの2つのフォームを作成します。
フォーム作成はアプリ作成画面から行います。

Webフォームの詳細は「フォーム」をご覧ください。

 

仮登録フォーム

完成形はこのようになります。
フォームの使用フィールドは以下を参考に作成ください。

基本情報
DB 仮登録DB
名前 仮登録フォーム

※任意の名前を設定できます。

タイトル form1

※任意のタイトルを設定できます。

フォーム作成
デバイスの種類 ※アクセスが想定されるデバイスを選択ください。
タイプ 新規登録
使用フィールド
フィールド 入力設定
TRDB_登録日時 特殊入力 登録日時自動取得
メールアドレス 入力項目として使用する

 

 

本登録フォーム

完成形はこのようになります。
フォームの使用フィールドは以下を参考に作成ください。

※メールアドレス等フォーム上に表示(編集不可)させたいフィールドは、「フィールド別チェック」で「フォーム表示:表示する」にしてください。

基本情報
DB 本登録DB
名前 本登録フォーム
タイトル form2
フォーム作成
デバイスの種類 ※アクセスが想定されるデバイスを選択ください。
タイプ 新規登録
使用フィールド
フィールド 入力設定
メールアドレス 特殊入力 値を引継ぐ(hidden)
お名前(姓) 入力項目として使用する
お名前(名) 入力項目として使用する
パスワード 入力項目として使用する
電話番号 入力項目として使用する
 郵便番号 入力項目として使用する
 都道府県 入力項目として使用する
市区町村 入力項目として使用する
番地 入力項目として使用する
建物名・部屋番号 入力項目として使用する
 登録日時 特殊入力 登録日時自動取得
最終更新日時 使用しない
オプトアウト 使用しない
変更・停止キー 使用しない
ユーザーエージェント 特殊入力 登録者ユーザエージェント自動取得

 

マイエリア発行

仮登録DBからマイエリアを発行し、発行したマイエリア内に本登録フォームを設置することで、仮登録フォームで入力されたメールアドレス情報を本登録フォームに引き継ぐことができます。

マイエリアの詳しい設定方法は「マイエリア>クリックログインの設定方法」「マイエリア>クリックログインページ」「マイエリア」をご確認ください。

 

フォーム機能で作成した本登録フォームのHTMLソースをマイエリア内に設置するため、フォーム機能でHTMLファイルをダウンロードしておきます。

フォーム機能の入力ページ設定にて、外部設置用HTML>マイエリア用ファイルの「設定デザイン」をクリックし、HTMLファイルをダウンロードします。

※「仮登録フォーム」ではなく、「本登録フォーム」のマイエリア用ファイル(HTMLファイル)をダウンロードします。

 

以下の設定内容を参考にマイエリアを新規作成します。

設定例
基本設定
DB 仮登録DB
名前 会員マイエリア
タイトル memberMyArea
認証設定
識別キー ID
パスワード 使用しない
FIDO認証 使用しない
自動発行キー 使用しない

 

カスタムページにて「新規作成」をクリックし、本登録フォームを設置するページを作成します。

 

カスタムページに、フォーム機能で作成した本登録フォームのHTMLソースを適用します。

先ほどダウンロードしたフォームのHTMLファイルをテキストで開き、仮登録DBに存在しないフィールド(お名前、パスワード、住所等)の差替えキーワード(%val:usr:xxxxx%)を削除してください。

その際、メールアドレスの差し替えキーワード(%val:usr:email%)は削除しないようご注意ください。

HTMLソースに関する詳細はこちらをご確認ください。

削除前

 

削除後

 

 

編集したソースをカスタムページの「ページソース」へ貼り付け、「変更」ボタンをクリックし保存します。

※仮登録DBと本登録DBのメールアドレスの差し替えキーワードを同じ値にしていない場合は、「差替えキーワード」ボタンをクリックし、メールアドレスの差し替えキーワードをコピーの上、ソース内のメールアドレスの差し替えキーワードと差し替えてください。

 

クリックログインページ設定にて、使用設定を「使用する」に変更し、「変更」ボタンをクリックし保存します。

 

公開・非公開設定にて、作成したマイエリアのステータスを「公開」に変更し、「変更」ボタンをクリックし保存します。

サンクスメール設定

サンクス配信機能を利用し、仮登録フォーム登録後、本登録フォームの案内メールを送ります。

文面設定時に「差替えキーワード」を選択し、「クリックログインURL」から作成したカスタムページのURL(%url/https:XXXXXX%&mp=yyyyyy)を選択し、文面に反映してください。

サンクス配信の設定方法については「サンクス配信」をご確認ください。

 

本登録案内メール(仮登録完了メール)
リスト作成
DB 仮登録DB

 

サンクス配信設定後、URL有効期間設定を行います。

任意の有効期間を入力し「設定」ボタンをクリックします。

URL有効期間設定に関する詳細は「URL有効期間設定とはどのような機能ですか」をご確認ください。

 

 

本登録フォーム登録後の登録完了メールもサンクス配信機能を利用して作成ください。

サンクス配信の設定方法については「サンクス配信」をご確認ください。

本登録完了メール
リスト作成
DB 本登録DB

 

動作確認

作成した仮登録フォームおよび本登録フォームが正常に動作するか確認します。

仮登録フォームからテスト登録を行い、受信したサンクスメール内の本登録URLをクリックして、ページの挙動やレコード情報をご確認ください。

仮登録フォームの動作確認

フォーム作成後のトップページに記載されているURLから実際にテスト登録を行います。

 

仮登録データの確認

仮登録フォームから送信したデータがDBに登録されているか「データ操作(DBオペレーション)」から確認します。

 

サンクスメールの確認

届いたサンクスメールの文面を確認し、クリックログインURLから本登録フォームへ遷移できるか確認します。

URL有効期間設定をしている場合、有効期間超過後、本登録フォームへ遷移できないようになったか確認します。

 

本登録フォームの動作確認

メール文中のURLから本登録フォームへ遷移し、動作確認を行います。

 

本登録データの確認

本登録フォームから送信したデータがDBに登録されているか「データ操作(DBオペレーション)」から確認します。

特に、メールアドレスは仮登録フォームから本登録フォームへ引き継いでいるフィールドのため、正常に登録できているかご確認ください。