ver.1サポートサイト

スパイラルから配信したメールが届かない

最終更新日:2021年07月30日

スパイラルから配信したメールが届かない場合、複数の要因が考えられます。
下記手順に従い、該当するケースをご確認ください。

配信ログの確認方法

グローバルメニューの「メール」にて、配信設定一覧を押下して各配信機能ごとの配信設定一覧画面に遷移します。

 

配信設定一覧の画面内の「EXPRESS」「SEQUENCE」「THANKS」「TIMELY」より配信種別を選択し、

配信ログをご確認ください。

Express2配信

配信設定一覧の画面にて「EXPRESS]を選択し、表示される一覧から「配信ログ」をダウンロードしてください。

 

シークエンス配信

配信設定一覧の画面にて「SEQUENCE」を選択し、表示される一覧から「設定」を押下します。

 

対象の配信設定画面へ遷移いたしますので、配信ログの「出力」ボタンから配信ログをダウンロードしてください。

 

サンクス配信

配信設定一覧の画面にて「THANKS」を選択し、表示される一覧から「設定」を押下します。

 

対象の配信設定画面へ遷移いたしますので、歯車マークを押下して表示されるメニューの

「ログ出力」から配信ログをダウンロードしてください。

タイムリー配信

配信設定一覧の画面にて「TIMELY」を選択し、表示される一覧から「設定」を押下します。

 

対象の配信設定画面へ遷移いたしますので、配信ログの「出力」ボタンから配信ログをダウンロードしてください。

各ログの内容

フォルダ内に「r」と「e」のテキストファイルがありますので、 まず「r」のテキストファイルからご確認ください。

■頭文字が「r」のファイル

実際にスパイラルが配信を試みた配信ログです。今回、メールが届かな かったアドレスを検索してください。
※rログ内にアドレスが存在している場合には、スパイラル側からの配信は成功している状態となります。
アドレスが存在しておりメールが受信できなかった場合には頭文字が「e」のファイルに対象のアドレスがないかご確認ください。

 

・アドレスが存在する場合

配信自体は試みたが、エラーになっている可能性があります。
次に頭文字が「e」のファイルをご覧ください。

 

・アドレスが存在しない場合
配信自体されていません。以下の理由が考えられます。
*登録されたデータがオプトアウトになっている可能性があります。
*登録自体されていない可能性があります。

 

■頭文字が「e」のファイル

配信ログの中から配信エラーになったエラーログです。メールが届かなかった アドレスをご確認ください。

 

・アドレスが存在する場合
配信がエラーになっています。5.1.1のようなエラーコードを
参照し、フォルダ内にあるエラーコード表(error_code_list.txt)でエラーの
理由をご確認ください。

 

・アドレスが存在しない場合

スパイラルからの配信は成功していますが、受信側サーバにて迷惑メール扱いになっている可能性等が考えられます。

メールを受信している、受信側サーバの設定や状況をサーバの管理者様にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

※御社の社内向け配信である場合には、御社のシステム担当者様に受信サーバの設定を確認していただきますようお願いいたします。