HOME > 機能 > カスタムモジュール

カスタムモジュール

カスタムモジュールの設定をします。


画面の「開発」をクリックします。


「カスタムモジュール」をクリックします。


カスタムモジュールの一覧が表示されます。
「新規作成」     :新しいカスタムモジュールを作成します。「新規作成」を押すと、作成ポップアップを表示します。
「ソースフォルダ」  :カスタムモジュールを設置するフォルダを指定します。スラッシュ区切りで階層も指定できます。フォルダ名には日本語は使えません。半角英数とハイフン、アンダースコアのみ使用出来ます。
「名前」       :カスタムモジュールの名前です。requireで指定するときは、フォルダ名とファイル名をスラッシュでつなげ、.phpを最後につけます。
「最終更新日時」   :カスタムモジュールの更新元と更新日時を表示します。
「メニュー」     :「削除」カスタムモジュールを削除します。
「アップロードツール」:ツールをダウンロードして利用することでローカルから直接phpのファイルをアップロードすることができます。


「新規作成」ボタンをクリックし、新しいカスタムモジュールを作成します。


ソースフォルダと名前を入力し「作成」ボタンをクリックします。


ファイルを選択しカスタムモジュールの基本情報を編集します。


カスタムモジュールの基本情報を編集し「保存」ボタンをクリックします。
「名前」        :カスタムモジュールの名前を設定します。他のカスタムモジュールと重複する名前は設定できません。
「実行時のファイルパス」:カスタムモジュールのファイルパスです。requireするときに指定するパスになります。
「コメント」      :カスタムモジュールに関するコメントを設定します。
「PHPスクリプト」   :実行するPHPスクリプトを記入します。


アップロードツールのダウンロード

アップロードツールをダウンロードして利用することでローカルから直接phpのファイルをアップロードすることができます。

カスタムモジュール一覧画面の「説明を表示」ボタンをクリックします。


「6.アップロードツール」のリンクからツールをダウンロードします。