ver.1サポートサイト

その他

最終更新日:2019年07月31日

スパイラルPHPを利用したサンプルプログラムです。
基本的なデータの検索・登録・更新・削除等を記載しております。
本サンプルプログラムは内部呼出し(スパイラル内部で動作させる場合)を想定しております。
外部呼出し(スパイラル以外のサーバから動作させる場合)を行う場合はAPIトークンおよびシークレットを指定しご利用ください。

関連するページ
スパイラルAPIとは
スパイラルAPIの仕様
アカウント内API

サンプルプログラム

<?php // <!-- SMP_DYNAMIC_PAGE DISPLAY_ERRORS=ON NAME=XXX --> ?>
<?php
// フォームのパラメータを取得する
echo "メールアドレス(FORM):" . $SPIRAL->getParam("f000000000") . "<br>\n";
// マイエリアへログインしているユーザ情報の取得
echo "メールアドレス(DB) :" . $SPIRAL->getContextByFieldCode("f000000000") . "<br>\n";
//アカウント内APIを利用する場合はアカウント内APIの設定を「ON」に変更いただき、
//「$SPIRAL->setApiToken("ttttt", "sssss");」の記述を削除ください。
$SPIRAL->setApiToken("ttttt", "sssss");
// テーブルを検索します
$db = $SPIRAL->getDataBase("db_title");
$db->addSelectFields("mail");
$db->addLikeCondition("mail", "%pi-pe.co.jp");
$result_array = $db->doSelect();
print_r($result_array);
// データを1件登録します
$insert_data = array("mail" => "example@pi-pe.co.jp");
$db = $SPIRAL->getDataBase("db_title");
$newId = $db->doInsert($insert_data);
echo "登録ID $newId <br>\n";
// データを1件更新します
$update_data = array("mail" => "example-update@pi-pe.co.jp");
$db = $SPIRAL->getDataBase("db_title");
$db->addIdCondition("NN");
$count = $db->doUpdate($update_data);
echo "更新数 $count <br>\n";
// 抽出条件を付けてデータを更新します
$update_data = array("mail" => "example-update@pi-pe.co.jp");
$db = $SPIRAL->getDataBase("db_title");
$db->addEqualsCondition("mail", "example@pi-pe.co.jp");
$count = $db->doUpdate($update_data);
echo "更新数 $count <br>\n";
// データを1件削除します
$db = $SPIRAL->getDataBase("db_title");
$db->addIdCondition("NN");
$count = $db->doDelete();
echo "削除数 $count <br>\n";
// 抽出条件を付けてデータを削除します
$db = $SPIRAL->getDataBase("db_title");
$db->addEqualsCondition("mail", "example@pi-pe.co.jp");
$count = $db->doDelete();
echo "削除数 $count <br>\n";
?>