ver.1サポートサイト

アカウント内API

最終更新日:2019年07月31日

概要

アカウント内APIはスパイラルアカウント内のPHPに対応したページであれば、APIトークンとトークンシークレットおよび$SPIRALオブジェクトを記載せずにAPIを動作させることが可能です。
APIトークン等を明示的に記載しなくて済むため、他アカウントへのアプリインポート時などに発生する不要なソース編集やAPIトークンとトークンシークレットが外部に漏れてしまう懸念などが軽減されます。
スパイラルアカウント内から内部呼び出しでAPIをリクエストする場合は、アカウント内APIを利用することを推奨します。
※ご利用する場合は、管理画面からアカウント内APIの設定を「ON」にしていただく必要があります。

関連するページ
スパイラルAPIの使い方
スパイラルPHP

1.アカウント内API の設定を「ON」に変更

「開発」>「スパイラルAPI」をクリックします。

アカウント内APIの設定状態が「OFF」であることを確認し、「変更」をクリックします。

変更内容および注意事項にご同意の上、「変更」ボタンをクリックします。
※個人情報閲覧不可IDを契約している場合は注意事項の部分へ契約の有無を記載した文言も表示されます。
アカウント内APIの設定を「ON」にする前にご利用中のアカウントで個人情報閲覧不可IDを契約しているのか確認が可能です。

変更が完了したことをご確認いただき、「閉じる」ボタンをクリックし画面を閉じます。
変更内容はトップページからご確認いただけます。

2.アカウント内API の設定を「OFF」に変更

アカウント内APIの設定状態が「ON」であることを確認し、「変更」をクリックします。

変更内容および注意事項にご同意の上、「変更」ボタンをクリックします。

変更が完了したことをご確認いただき、「閉じる」ボタンをクリックし画面を閉じます。
変更内容はトップページからご確認いただけます。

3.アカウント内API利用時の注意点