ver.1サポートサイト

バックアップデータの再登録

最終更新日:2021年12月27日

概要

DBからバックアップ用としてダウンロードしたデータをダウンロード元のDBに再度登録する方法をご紹介します。

例えば、誤りがあるデータをDBに一括登録してしまい、一度DBを空にして修正後のデータを再度一括登録したい時などが利用シーンに当たります。

大まかな流れとしては、DBからバックアップデータの一括ダウンロード、DB内のデータを一括削除、DBにバックアップデータを再登録という流れになります。

 

※レコードを削除して再登録すると、レコードID(各レコードに振られるID)が削除前のレコードIDと変わります。
 レコードIDをデータ識別用に使用されている場合は、DBに新しくフィールドを追加して元々のIDを保管するなどの対応をしてください。

バックアップデータの一括ダウンロード

DB内のデータをバックアップ用として一括でダウンロードします。

DB内のデータは1度削除すると復元することができないので、削除前は必ずバックアップ用のデータをダウンロードしておきます。

データ操作(DBオペレーション)」の「検索結果全レコード ダウンロード」もしくは「データ一括出力」から一括でダウンロードできます。

手順や詳細については「データ操作(DBオペレーション)」もしくは「データ一括出力」をご覧ください。

 

▼DBオペレーションで一括ダウンロードする場合

 

▼データ一括出力で一括ダウンロードする場合

ダウンロードしたバックアップデータは削除しないように保存しておきます。

 

データ一括削除

DBからバックアップ用のデータの一括ダウンロードが完了したらDB内のデータを一括で削除します。

データの一括削除は「データ操作(DBオペレーション)」もしくは「データ一括削除」から行います。

 

▼DBオペレーションで一括削除する場合

 

▼データ一括削除で一括削除する場合

 

バックアップデータの再登録

DB内のデータが削除が完了後、バックアップ用でダウンロードしたデータをDBに一括で再度登録します。

データ一括登録/更新」から行います。

データの再登録が完了したら「データ操作(DBオペレーション)」からデータが正しく登録されているかをご確認ください。