ver.1サポートサイト

重複レコードチェックを行ないたい

最終更新日:2020年11月20日

重複レコードチェックを行なうことで、フィールドの値が重複しているかどうかを「重複フラグフィールド」に記録することができます。
 
※重複レコードチェックを行うには、重複フラグフィールドがDBに含まれている必要があります。
※重複フラグフィールドがDBに含まれていない場合、フィールドを追加してください(フィールドの追加方法は「通常DB」をご参照ください)。
 
重複レコードを抽出し、検索するには、以下の2つの手順が必要です。
 

  1. データメンテナンスの「重複レコードチェック」で重複フラグフィールドにフラグを立てる。
  2. DBオペレーションで「重複しているレコード」を抽出して検索する。

 

1.重複フラグフィールドにフラグを立てる

 
1. データメンテナンスのオペレーション「重複レコードチェック」を選択
 
[DB]>[データメンテナンス]に進み、対象DBを選択し、オペレーション選択画面で[重複レコードチェック]をクリックします。
または、通常DBの操作関連から[データメンテナンス]に進み、オペレーション選択画面で[重複レコードチェック]をクリックします。

 
2. 重複レコードチェックの実行
 
フラグ処理で[チェック]を選択します。
参照するメールアドレスフィールドと重複フラグフィールド、フラグ処理条件を指定します。
上記の指定に問題がなければ、[実行]ボタンをクリックします。

 
確認画面が表示されます。
問題なければ[OK]ボタンをクリックし、重複レコードチェックを実行します。

 
3. 重複レコードチェックの完了
 
重複レコードチェックが完了すると、以下の画面が表示されます。
[閉じる]ボタンをクリックしてください。

 
重複レコードチェックの実行後、以下のID(ラベル)値が該当するレコードの重複フラグフィールドに格納されます。
 

ID ラベル
t 重複する
f 重複しない

 
DBオペレーションの検索結果一覧では、テンプレートを適用しない場合、値が「ラベル」で表示されます。
なお、値の表示形式(「ラベル表示」もしくは「ID表示」)は、「テンプレート」で設定することができます。
DBからダウンロードしたファイルには、値が「ID表示」で出力されます。
 

2.重複しているレコードを抽出して検索

 
DBオペレーションにて、重複フラグフィールドの「重複しているレコード」にチェックを入れる事で検索が可能です。