ver.1サポートサイト

マイエリア認証方法について

最終更新日:2020年07月10日

認証方法について

スパイラルでは、マイエリアへのログイン時の認証方法として以下の5種類を提供しています。

(1) 会員識別キー+自動発行キー+パスワード(認証)
最も認証レベルが高い方法です。
まず、会員識別キーを利用して自動発行キーを発行し、ログインする際にその自動発行キーとパスワードを使用して認証します。
※データベースにパスワードタイプのフィールドが必要です。

(2) 会員識別キー+パスワード(認証)
ログイン時に「会員識別キー」と「パスワード」を利用する認証方法です。最も一般的な認証方法です。
※データベースには、パスワードタイプのフィールドが必要です。

(3) 会員識別キー+自動発行キー(認証)
ログイン時に「会員識別キー」と「自動発行キー」を利用する認証方法です。会員が自身で設定するパスワードの代わりに自動発行キーを利用します。既存の会員データにパスワードがない、またはパスワード管理を行うことが困難な場合に有効な認証方法です。

(4) ID ログイン(非認証)
ログイン時に会員識別キーのみを利用する方法です。会員識別キーの特定のみでログインさせるため、非認証ログインと呼びます。「クリックログイン」機能を用いると、お客様はEメール文中の URL をクリックするだけで簡単にログインできます。お客様にパスワード入力などの手間をかけさせたくない場合にご利用下さい。
※認証を必要としないため、個人情報を表示する際には細心の注意が求められます。

(5)会員識別キー+簡易パスワード ( 認証 )
ログイン時に「会員識別キー」+「簡易パスワード」を利用する認証方法です。
※データベースに簡易パスワードタイプのフィールドが必要があります。

※パスワードフィールドに「パスワード」と「簡易パスワード」のどちらを利用するかは、運用条件等を考慮してご決定下さい。
※認証方法(1)、(3)で発行される「自動発行キー」はキーイニシャルを変更しない限り有効の状態です。
 また、最終発行された自動発行キーのみ有効であり、複数回発行した場合、最新のキー以外は無効になります。