ver.1サポートサイト

仮想DB(連携型)

最終更新日:2020年11月20日

仮想DB(連携型)とは、連携されたDBのフィールドを組み合わせて仮想的に定義されたDBのことです。仮想DB(連携型)により、複数のDBに跨るデータの閲覧や登録、編集、削除が可能になります。

1. 仮想DB(連携型)一覧

仮想DB(連携型)一覧では、仮想DB(連携型)の新規作成と確認を行うことができます。[新たに仮想DBを作成する]ボタンをクリックすると、仮想DB(連携型)を新規作成することができます。仮想DB(連携型)を作成するためには、事前にDBが連携されている必要があります。DBを連携する方法については「DB連携」を参照して下さい。

2. 仮想DB(連携型)の新規作成

作成したい仮想DBに利用したいDB連携設定の「使用する」を選択し、[新規に作成する]ボタンをクリックします。
※ 参照元DBが共通する複数のDB連携を同時に選択して仮想DBを作成することができます。

3. 仮想DB(連携型)の詳細

仮想DB(連携型)を新規作成するために下記の設定を行います。

  1. 基本設定
  2. DB連携
  3. フィールド設定
  4. レコードフィルタ設定(任意)
  5. 結合設定

1. 基本設定
2. DB連携
3. フィールド設定
4. レコードフィルタ設定(任意)
5. 結合設定

上記の設定で問題なければ、[以上の設定で仮想DBを新規作成する]ボタンをクリックします。その後、仮想DB(連携型)一覧の画面に遷移し、作成した仮想DB(連携型)を確認することができます。設定を変更する場合は[設定変更]ボタンをクリックします。