ver.1サポートサイト

DB作成時のトリガ設定

最終更新日:2020年11月20日

DB作成時のトリガ

3種類のフィールドタイプに対して、値を自動生成するトリガを設定することができます。
※APIではバリデーションを行いません。注意して設定してください。

数字・記号・アルファ32

条件 パラメータ値
レコードIDを使って値を生成する場合(値が存在する場合、何もしない) autoval_mm_number32_id,f%09d,固定文字1,桁数,固定文字2,noforce
レコードIDを使って値を生成する場合(値が存在する場合、上書き) autoval_mm_number32_id,f%09d,固定文字1,桁数,固定文字2,force
ランダムに値を生成する場合(値が存在する場合、何もしない) autoval_mm_number32_id_rand,f%09d,固定文字1,桁数,固定文字2,noforce
ランダムに値を生成する場合(値が存在する場合、上書き) autoval_mm_number32_id_rand,f%09d,固定文字1,桁数,固定文字2,force

※固定文字1(10byteまで)、桁数(1~10)、固定文字2(10byteまで)に設定したい値を入れてください。

整数

条件 パラメータ値
レコードIDを使って値を生成する場合(値が存在する場合、何もしない) autoval_mm_integer_id,f%09d,noforce
レコードIDを使って値を生成する場合(値が存在する場合、上書き) autoval_mm_integer_id,f%09d,force
ランダムに値を生成する場合(値が存在する場合、何もしない) autoval_mm_integer_rand,f%09d,N以上,N以下,noforce
ランダムに値を生成する場合(値が存在する場合、上書き) autoval_mm_integer_rand,f%09d,N以上,N以下,force

※N以上(0~2147483647)、N以下(0~2147483647)の部分に設定したい値を入れてください。

簡易パスワード

条件 パラメータ値
数字のみで値を生成する場合(値が存在する場合、何もしない) autoval_mm_ezpassword,f%09d,digit,桁数,noforce
数字のみで値を生成する場合(値が存在する場合、上書き) autoval_mm_ezpassword,f%09d,digit,桁数force
アルファベットのみで値を生成する場合(値が存在する場合、何もしない) autoval_mm_ezpassword,f%09d,alpha,桁数,noforce
アルファベットのみで値を生成する場合(値が存在する場合、上書き) autoval_mm_ezpassword,f%09d,alpha,桁数,force
アルファベットと数字で値を生成する場合(値が存在する場合、何もしない) autoval_mm_ezpassword,f%09d,alnum,桁数,noforce
アルファベットと数字で値を生成する場合(値が存在する場合、上書き) autoval_mm_ezpassword,f%09d,alnum,桁数,force
アルファベットと数字と記号で値を生成する場合(値が存在する場合、何もしない) autoval_mm_ezpassword,f%09d,graph,桁数,noforce
アルファベットと数字と記号で値を生成する場合(値が存在する場合、上書き) autoval_mm_ezpassword,f%09d,graph,桁数,force

※桁数(4~16)に設定したい値を入れてください。