ver.1サポートサイト

一覧表・単票 > ソースデザイン > XSLとは

最終更新日:2020年11月20日

概要

XMLファイルから「条件を指定して情報を抜き出す」技術を担っているのが、XSLです。
XMLとXSLはセットで使うことが多いです。

XSLの構成

XSLは基本的に3つの部分から構成されています。

  1. 固定で書く部分
  2. 条件と処理を書く部分
  3. 条件で変化しない固定のHTML部分

固定で書く部分

一覧表および検索フォームでは、以下の部分は固定です。編集削除しないでください。
特に、<xsl:template match="xxx">と記述されている部分は、システム固定のXML要素を指していますので、このままお使いください。

(1)一覧表
<?xml version="1.0" encoding="EUC-JP"?>
<xsl:stylesheet version="1.0" xmlns:xsl=">
<xsl:output method="html" />
<xsl:template match="/">
<xsl:apply-templates select="table" />
</xsl:template>

(中略)

<xsl:template match="/table">
<script type="text/javascript" src="{@jsPath}" charset="{@jsEncode}"></script>
<form method="post" action="{@action}">
$hidden:table:extension$

(中略)

</form>
</xsl:template>
</xsl:stylesheet>
(2)検索フォーム
<?xml version="1.0" encoding="EUC-JP" ?>
<xsl:stylesheet version="1.0" xmlns:xsl="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform">
<xsl:output method="html" />
<xsl:template match="/searchForm">

(中略)

<form method="get">
<xsl:if test="/searchForm/@action">
<xsl:attribute name="action">
<xsl:value-of select="/searchForm/@action" />
</xsl:attribute>
</xsl:if>
<-- hidden -->
$hidden:sf:extension$

(中略)

name="smp_sf_button_99999"

(中略)

</form>
</xsl:template>
</xsl:stylesheet>

name="smp_sf_button_99999"
→一覧表作成時にシステムが自動で割り振ったIDがスパイラルへ送信されることで検索が機能しますので、「name="smp_sf_button_99999"」がパラメータとして送信されるよう設定してください。

条件と処理を書く部分

簡単な条件式と処理を書くことができます。条件により、ブラウザでの表示を切り替えることができます。

例)一覧表の表示件数のプルダウンで、指定されている表示件数を選択済(HTMLのselected)にする場合

<select name="_limit_9999">
<option value="10">
<xsl:if test="$limit = '10'">
<xsl:attribute name="selected">selected</xsl:attribute>
</xsl:if>
10件
</option>
</select>

条件で変化しない固定のHTML部分

XSLファイル内にHTMLの要素、属性、属性値、文字列を記述することができます。
例)
<option value="10">10件</option>