HOME > 設定手順 > FAQページを作成する

FAQページを作成する

スパイラルでFAQページを作る方法をご案内します。
よくある質問と回答をデータベースで管理し、Webページに自動表示します。


目次

  1. アプリをつくる
  2. DBをつくる
  3. 質問と回答を登録する
  4. FAQページをつくる
    1. デザインを設定する
    2. アクセス権限を設定する
    3. 基本情報を設定する
    4. 検索フォームを設定する
  5. FAQページを公開する

アプリをつくる

アプリを作成します。


画面の「+」から作成を開始します。



自分で一からアプリを作成する場合、新規作成を選びます。



アプリ名をつけて保存します。
アイコンは用途に近いものを選びます。



アプリが出来ました。
「引き続き設定を行う」に進みます。


DBをつくる

アプリのDBを作成します。


アプリ画面DB「+」から作成を開始します。



DBオブジェクトから、通常DBを選択します。



DB名、タイトル、レコード数を入力して、「構成設定」へ進みます。
レコード数とは、このDBに登録できるデータ数の上限です。ご契約レコード数の範囲で設定してください。


ひとつの質問と回答の組み合わせで、1レコードになります。
FAQの数が増えた場合には、後から変更も出来ます。



DBにフィールドを追加していきます。



FAQページを作る場合、例えば以下のような項目構成が考えられます。


FAQページに表示したい項目

  • 質問番号・・・連番の番号
  • カテゴリ・・・質問の種類(機能、使い方、ご契約、サポート)
  • 質問・・・テキスト500文字前後
  • 回答・・・テキスト2000文字前後
  • 登録日時・・・yyyy年mm月dd日hh時mm分ss秒
  • 最終更新日時・・・yyyy年mm月dd日hh時mm分ss秒
  • 回答者・・・テキスト30文字前後


FAQページのフィールド構成の例

フィールド名フィールドタイプ
質問番号数字・記号・アルファベット(32 bytes)
カテゴリマルチセレクト
質問テキストエリア(1024 bytes)
回答テキストエリア(4096 bytes)
登録日時登録日時
最終更新日時日付(○年○月○日 ○時○分○秒)
回答者テキストフィールド(64 bytes)


フィールドタイプとは、データ書式・入力フォームの書式の種類です。
入力させたいデータの形式に合ったタイプを選んで使用します。


フィールドタイプリファレンス (PDF/274KB)


フィールドタイプを選択して、名前をつけます。
画面左側のフィールドタイプ一覧から、ドラッグ&ドロップで選択ができます。



フィールド名の設定や、入力必須や重複不可の項目もここで設定できます。



選択式項目の選択肢は、歯車アイコンから設定します。



歯車アイコンをクリックすると、設定画面が開きます。



画面を下にスクロールして、選択肢を設定します。
ラベルの「+」ボタンを押すと、選択肢を増やせます。



最後に、「新規作成」ボタンを押します。



DBが作成できました。


質問と回答を登録する

DBに、質問と回答を登録します。


DBの横の歯車アイコンをクリックします。



データ操作(DBオペレーション)を選択します。



別ページが開きますので、新規登録タブを選択します。



質問や回答を入力して、「新規登録」ボタンを押します。



登録が終わったら、また新規登録タブに移動して、必要なだけ登録します。



検索結果一覧を見ると、登録した質問と回答が確認できます。



FAQページを作る

FAQを表示するページをつくります。


FAQページには「一覧表」というスパイラルのWebオブジェクトを使います。
一覧表は、スパイラルのDBに登録した情報をWebページに一覧で表示するオブジェクトです。


関連設定のFAQ_DB「+」から作成を開始します。



一覧表を選択します。



ここでは、そのまま「作成」ボタンをクリックします。



「新しい一覧表」が出来ました。



「新しい一覧表」横の歯車アイコンをクリックして、「設定」を選択します。



別ページが開きますので、まず「ページ表示」ボタンをクリックして、ページを確認します。




さらに、質問と回答のidをクリックすると、詳細ページも確認できます。



デザインを設定する


ここから、FAQページとして使いやすいように一覧表のデザインを設定していきます。
一覧表の設定一覧に戻り、「設定」を選択します。



設定方法はいくつか選択できますが、今回は直感的に一覧表を設定できる「表形式」で設定します。



まずは、表の一番左に、スパイラルが自動的に付けた「id」の代わりに「質問番号」が表示されるようにします。
設定画面の一番左のid列(A列)に、プルダウンがあるので開きます。



「id」が選択されていますが、「質問番号」に変更します。




つぎに、A列3行目の見出しが「id」のままですので、ダブルクリックで選択して「質問番号」と入力します。



つぎに、A列の幅を適度に広げて見栄えを良くします。
設定画面の、A列B列の間にカーソルを当ててドラッグすると、幅を変更することができます。



B列の質問番号は不要ですので、削除します。
B列の「B」をクリックして、B列全体を選択します。



「削除」をクリックして、列の削除を選択します。



B列の「質問番号」が削除されました。



A列と同じように、D列「質問」E列「回答」も幅を広げます。



「プレビュー」ボタンで確認しながら設定すると、思った通りに設定することができます。




設定が終わったら、「保存」ボタンを押します。



メッセージダイアログが出てくるので、「OK」を押します。
(下の画像はGoogle Chromeの場合です。ブラウザによって表示が異なる場合があります)



一覧表の設定デザインができました。



アクセス権限を設定する


次に、アクセス権限を設定します。
一覧表は、ページを見せる相手の制限をすることができます。
すべての人が閲覧可能な「一般公開」権限や、ID・パスワードでの認証を求める「マイエリア」権限などが設定できます。


アクセス権限タブに移動します。




今回は、すべての人が閲覧可能な「一般公開」権限に設定します。



「一般公開」のラジオボタンをチェックすると、警告のメッセージが表示されます。



一覧表は、DBのデータをそのまま表示します。
DBに、個人情報や非公開の情報等が含まれていないかどうか、十分にご注意ください。
一覧表を一度インターネット上に公開すると、検索エンジンに当該ページの情報がキャッシュされ、その後非公開にした場合もインターネット上で閲覧が可能になる場合があります。


問題なければ、チェックボックスにチェックを入れて「選択」ボタンを押します。



「一般公開」にチェックが入っているのを確認し、画面をスクロールします。



「保存」ボタンを押して、アクセス権限を保存します。



メッセージダイアログが出てきます。
個人情報や非公開の情報等が含まれないか、再度ご確認のうえ「OK」を押します。
(下の画像はGoogle Chromeの場合です。ブラウザによって表示が異なる場合があります)



アクセス権限が設定できました。



基本情報を設定する


一覧表の名前を設定します。


「基本情報」タブへ移動します。



タイトル欄に「FAQページ」と入力して、「保存」ボタンを押します。



メッセージダイアログが出てくるので、「OK」を押します。
(下の画像はGoogle Chromeの場合です。ブラウザによって表示が異なる場合があります)



基本情報が設定できました。



検索フォームを設定する


つぎに、FAQの検索フォームを設定します。


設定一覧に戻ります。



設定一覧で、FAQページのラジオボタンをチェックすると、「新しい検索フォーム」「新しい単票」が表示されます。



「新しい検索フォーム」の「設定」ボタンを押します。



1. 基本情報の「タイトル」を編集します。



画面をスクロールして、3.検索フォームを設定します。




今回は、カテゴリでの検索と、質問または回答文のテキスト検索ができるようにします。


まず、カテゴリ以外の検索フィールドを削除します。
フィールドを選択して右上の×をクリックします。



メッセージダイアログが出てくるので、「OK」を押します。
(下の画像はGoogle Chromeの場合です。ブラウザによって表示が異なる場合があります)



「カテゴリ」フィールドを残してすべて削除して、「フィールドの追加」ボタンを押します。



プルダウンから、「複数フィールドの検索」を選択します。



追加された「複数フィールドの検索」の「編集」をクリックします。



フィールドごとの詳細設定で、「項目名」と「対象設定」を設定します。
ここでは、対象設定に質問と回答を選択して、検索フォームに入力された言葉が「質問」か「回答」に含まれていたら検索結果に表示するようにします。


「項目名」と「対象設定」の入力が終わったら、フィールドごとの詳細設定画面は閉じます。



最後に「保存」ボタンを押します。



メッセージダイアログが出てくるので、「OK」を押します。
(下の画像はGoogle Chromeの場合です。ブラウザによって表示が異なる場合があります)



検索フォームの設定ができました。
「設定一覧」に戻ります。


FAQページを公開する

作成したFAQページを確認します。





FAQページを公開するには、設定一覧の「一般公開」をクリックします。



URLを外部サイトからリンクするなどして、公開してください。



詳細なデザイン編集がしたい場合

FAQページの詳細なデザインがしたい場合には、HTMLの直接編集やXMLによる編集が行えます。
それぞれ、下記の設定ページで編集が行えますのでお試しください。


FAQページ全体のデザイン編集(HTML)



詳細ページのデザイン編集(HTML)



XMLによる一覧表編集



XMLによる検索フォーム編集