HOME > 設定手順 > メールを配信する

メールを配信する

概要


スパイラルでは「EXPRESS2」の機能を利用することで、DB内のメールアドレスに対して一斉配信をすることができます。
ここでは「EXPRESS2」でメール配信を行うにあたって必要な操作をご案内いたします。


※配信先のメールアドレスを登録したDBをスパイラルで設定しておく必要があります。DBの作成方法については以下サポートページをご参照ください。


参考リンク
はじめてのDB作成
通常DB



操作手順


準備)送信ドメインを登録する
  配信するメールの、差出人メールアドレスとして使用するメールアドレスのドメインを予め登録しておきます。
  ※ 毎回行う必要はありません。


1.配信設定をする
  メール配信するために必要な設定を行います。以下は必要に応じて設定します。


  (1)メール文面にお客様情報を差し込む
    お客様の会社名やお名前などを、メール文面内に差し込むことができます。
   (差し込みたい情報が配信するDB内に登録されている必要があります。)


  (2)クリックカウントを設定する
    メール文面内のURLにクリックカウントを設定し、クリック数をカウントすることができます。


  (3)URL有効期間を設定する
    クリックカウントURLなどに対してURLの有効期間を設定することができます。


2.テスト配信をする
  設定した内容に問題がないか、テスト配信を行って確認します。


3.本番配信をする
  設定した配信設定において、実際に本番配信を行います。



最終更新日:2018/2/2