HOME > 機能 > スパイラルシール管理

スパイラルシール管理

概要


スパイラルシールは、「スパイラル」を利用するユーザー企業様が使用するウェブサイトを申請し、株式会社パイプドビッツが発行するものです。
例えば、インターネットユーザーがウェブサイト上でご自身のお名前や住所などの個人情報を入力する際に、 その情報が送信ボタンを押したその先で、どのようなシステムでどのように扱われるのか、ほとんどと言ってよいほど把握できません。
ですから、インターネットユーザーは自信で様々な確認を行います。


  • 「この送信フォームはSSLで暗号化されているか?」
  • 「情報を管理しているシステムは安全か?」
  • 「送信先の企業はプライバシーマークを取得しているか?」


これらの疑問は、全て不安の裏返しと言えるでしょう。
このスパイラルシールをユーザー企業様のウェブサイト上に設置することにより、インターネットユーザーに対して、情報の送信先が企業の情報を取り扱うデータベースの専門企業であることをあらかじめ伝え、 御社の情報取扱体制の透明性と情報保護の堅牢性をアピールすることができます。



目次


  1. 設定情報
  2. 3種類のシール
  3. シールを使う


設定情報


ここでは、スパイラルシールを表示できるユーザー様のウェブサイトのホスト名と シールクリック後のページで表示される組織名を確認できます。


シール利用組織


シールをクリックして詳細情報を表示した際に記載されます。 詳細画面例
※ 表示組織名の変更をご希望の場合は 当社 問い合わせフォーム よりご依頼ください。


シール設置許可ホスト


設置が許可されているホストを確認することができます。
ユーザー様がお持ちのホストにスパイラルシールの設置をご希望の場合は、「シール設置許可ホストの追加申請」ボタンを押して申請を行ってください。


※ 申請から許可にはおよそ1営業日かかります。日程に余裕をもってご申請ください。
1営業日以上経過しても許可されない場合は、恐れ入りますが当社サポートデスクまでご連絡ください。


ユーザー様は許可済みのホストに対し、「送信確認シール」、「リンク先確認シール」、「ページ確認シール」の3種類のシールを設置することが可能です。
※ 各シールの詳細については 「3種類のシール」の項目からご確認ください。


3種類のシール


送信確認シール
スパイラルに送信するフォームに設置します。
「送信確認シール」は入力フォーム上で入力した情報の送信先が「スパイラル」であることを明示し、送信先データベースの管理業者である当社の存在をお伝えすることで、 送信前に責任の所在を明らかにし、インターネットユーザーに安心感を与えます。
この送信確認シールは登録フォームの設定を作成した時点で、自動的に組み込まれます。
リンク先確認シール
スパイラルのドメインへ移動するリンクの付近に設置します。
「リンク先確認シール」はユーザーのドメインから情報入力フォーム等が設置された スパイラルのドメインへ画面遷移する場面で、一般消費者に対して、予めドメインが 変わることを明示し、フィシング等の不安を解消します。
ページ確認シール
スパイラルが表示しているページに設置します。
「ページ確認シール」は情報入力フォーム等が設置されたスパイラル上のページで、 ユーザー企業様のウェブサイトとは異なるドメインを閲覧した一般消費者に対して、 スパイラルがページを表示していることを明示し、不安を解消するものです。


シールを使う


スパイラルシールは以下の方法でご利用ください。


  1. ホストの申請
    • シールを掲載したいホストを設定情報のタブより、ご申請ください。
    • ※ 既に申請が許可されているホストについては、改めて申請していただく必要はございません。
  2. タグの挿入
    • 掲載予定のページにシール設置用タグを挿入します。
    • スパイラルシール管理ページ、「シールを使う」タブの下方で種類とサイズを選択し、タグ生成ボタンを押して表示されたタグを使用してください。
    • ※送信確認シールについてはフォーム管理機能でフォームを作成する際に、自動的に組み込まれます。
  3. 表示の確認
    • 申請が許可されたホストのサーバに掲載ページをアップし、シールとクリック後のページが表示されていることを確認してください。


スパイラルシールはJavaScriptを使用して表示されるため、JavaScriptが動作しない携帯端末等では表示できません。
生成されるタグはPC用フォーム向けのタグです。マルチデバイス向けには対応しておりませんのでご了承ください。




最終更新日:2018/8/20