HOME > 機能 > DBオペレーター

DBオペレーター

「DBオペレーター」は、スパイラルで管理する情報を、iPhoneで閲覧したり、データの登録、編集、削除するためのアプリです。
企業・組織における顧客情報や社員情報をクラウド上にあるスパイラルのDBに格納しているため、大切な情報を各端末に保存する必要がなく、安全に管理できます。DBの情報には、インターネットが利用できる環境ならどこからでもアクセス可能です。

 

画面の「Web」をクリックします。

 

「DBオペレーター」をクリックします。


アプリ設定の新規作成

アプリ設定の新規作成を行う場合は「新規作成」ボタンをクリックします。


作成するアプリ設定のアプリ名、アプリID、閲覧データDB、ユーザマスタDB、ログインIDフィールド、ログインPASSフィールドを設定し「新規作成」ボタンをクリックします。

「アプリ名」:アプリ設定の名称を設定します。
「アプリID」:APPKEYを指定します。 APPKEYはDBオペレーターを利用する際に、アプリの設定を識別し、ログインするのに使用します。
「閲覧データDB」:DBオペレーターから閲覧するデータを格納したDBを設定します。
「ユーザーマスタDB」:アプリを利用するユーザマスタDBを設定します。
「ログイン設定:ID」:ログインに必要なIDをユーザマスタDBのフィールドから選択します。
「ログイン設定:PASS」:ログインに必要なパスワードをユーザマスタDBのフィールドから選択します。

 

アプリ設定一覧に新しい設定が表示されます。


DBオペレーターの設定

アプリ設定一覧の「設定」ボタンをクリックすると、アプリの設定画面に遷移します。

 

基本

アプリの基本情報を設定します。

「アプリ名」:アプリ名を指定します。管理のための名称で、公開されません。
「APPKEY」:APPKEYを指定します。 APPKEYはDBオペレーターを利用する際に、アプリの設定を識別し、ログインするのに使用します。
「表示名」:表示名を指定します。DBオペレーター内の「メニュー」や「最近使ったアプリ」で表示します。
「コメント」:コメントを記入します。

 

ログイン

DBオペレーターにログインする際のユーザー情報を設定します。

「ユーザマスタDB」:アプリを利用するユーザ情報を格納しているDBを指定します。
「ID」:ログインに必要なIDをユーザマスタDBのフィールドから選択します。
「PASS」:ログインに必要なパスワードをユーザマスタDBのフィールドから選択します。
「編集権限」:DBオペレーターのユーザーに編集権限を与える場合に設定します。
編集権限を設定する場合は、予めDBに権限を管理する為のブーリアンフィールドが必要です。
編集権限を与えるとデータの新規登録、編集、削除ができるようになります。

 

フリースペース

メニューから開くフリースペースのHTMLを設定します。


「表示名」:DBオペレーターのメニューにフリースペースのボタンを設置可能です。
設置する場合は、フリースペースの表示名を指定します。指定した表示名でフリースペースのボタンを設置します。
「HTML」:表示したい内容をHTMLで貼付けます。マイエリアのログインページを設置し、そこから、ユーザマスタDBのパスワードを変更できるように設定することも可能です。
※設定には、別途マイエリア、フォームの設定が必要です。

 

検索

メニューにある検索バーを設定します。


「検索名」:検索バーに表示する検索名を指定します。
「検索対象フィールド」:検索対象のフィールドを指定します。
以下のフィールドは対象外となります。
・マルチセレクト
・マルチセレクト128
・パスワード
・メッセージダイジェスト
・画像型
・ルックアップキー

 

フィルタ

データ一覧のフィルタ表示を設定します。


「フィルタ名」:作成するフィルタ名を指定します。
「表示フィールド」:フィルタで表示するフィールドを選択します。データの一覧を表示フィールドでグルーピングします。
以下のフィールドは対象外となります。
・マルチセレクト
・マルチセレクト128
・パスワード
・メッセージダイジェスト
・画像型
・ルックアップキー
「ソート」:フィルタしたデータを一覧表示する際の並び順を設定します。
例えば、データを企業名でフィルタし、一覧表示する場合、表示フィールドを企業名に設定し、ソートに企業名のよみがなを登録したフィールドを指定すると、企業名を五十音順にソートできます。
「作成したフィルタ」:作成したフィルタを表示します。作成したフィルタの順序の指定や不要になったフィルタの削除が可能です。

 

一覧

検索バーやフィルタでの検索結果や履歴を表示する一覧を設定します。

「表示フィールド」:一覧で表示した際に、表示するフィールドを指定します。
以下のフィールドは対象外となります。
・マルチセレクト
・マルチセレクト128
・パスワード
・メッセージダイジェスト
・画像型
・ルックアップキー
「ソート」:データを一覧表示する際の並び順を設定します。

 

詳細

詳細画面を設定します。詳細画面に表示するフィールドは、新規登録や編集時に、データを登録、編集できます。


「表示」:詳細画面で表示するフィールドの並び順を指定します。 表示しない場合は、「非表示」を選択します。
「フィールド」:閲覧データに指定したDBのフィールドを表示します。
以下のフィールドは対象外となります。
・マルチセレクト
・マルチセレクト128
・パスワード
・メッセージダイジェスト
・画像型
・ルックアップキー
「表示名」:アプリ上で表示する際の名称を設定します。
「対応アプリ」:詳細データから呼び出すiPhoneアプリを指定します。アプリはデータをタップして呼び出します。
指定できるアプリは「マップ/メール/電話/Safari」です。
※ データによって、正しくアプリを利用できないことがあります。

 

すべての設定が完了したら「保存」ボタンをクリックして設定を保存します。

 

設定完了後、iPhoneからDBオペレーターを使用することができます。