HOME > 機能 > PDF帳票

PDF帳票

PDF帳票とは

機能概要

PDF帳票とは、スパイラルのDBに格納された情報をPDFテンプレート上に出力・ダウンロードすることができるオプション機能です。
帳票はフォームのサンキューページ、マイエリア内のページ、メール文面中のクリックログインURLからダウンロードすることができます。
※オプション料金について、詳細はオプションページを参照ください。


  • 構築アプリケーション例:セミナー管理アプリ内の受講票

  


機能詳細

設定一覧

設定一覧では、作成されたPDF帳票を一覧で表示します。
  


画面右上の数字は、ご利用アカウントで設定できる設定数です。
設定上限数に応じて利用料が変動します。詳細はオプションページを参照ください。


基本

PDF帳票の基本情報画面です。
  


PDF帳票名
 PDF帳票の名称が表示されます。変更も可能です。


キーワード
 PDF帳票の差し替えキーワードに利用するキーワードが表示されます。変更も可能です。


コメント
 任意のコメントを設定できます。


DB名
 当該のPDF帳票で利用しているDB名が表示されます。


テンプレートファイル
 当該のPDF帳票で利用しているPDF(テンプレート)ファイル名が表示されます。変更も可能です。


フィールド

  
使用するフィールド
 値を出力したいフィールドを選択してください。
 フィールドを追加する場合は「行追加」ボタンを押してください。(最大150行まで追加可能)
 リストの一番下にある「出力日時」は、PDF帳票をダウンロードしたときの日時をPDF内に表示させたい場合に選択してください。
 以下のフィールドタイプは選択できません。

  • メッセージダイジェスト(MD5)
  • メッセージダイジェスト(SHA1)
  • メッセージダイジェスト(SHA256)
  • パスワード
  • ルックアップキー
  • ファイル


値を出力させるPDF内のフィールド名
 値の出力先(テンプレートPDF内に設定しているフィールドの名称)を指定してください。


出力形式
 値の出力形式を選択してください。
 出力形式は5種類あります(選択できる出力形式は使用するフィールドタイプにより異なります)。

  • 値:フィールドの値をそのまま出力
  • ラベル:フィールドの値に対応したラベル(ラベルが無い場合はフィールドの値)を出力
  • 画像:フィールドの画像を出力
  • QRコード:フィールドの値をQRコードで出力

 【誤り訂正レベルとは?】
 QRコードには、画像の一部が欠損してもデータを読み取り可能にする、「誤り訂正能力」があります。
 誤り訂正のレベルには、7%、15%、25%、30%の4つのレベルがあります。
 %の数字が大きいほど誤り訂正レベルが高くなり、例えば15%の場合、 コードの面積の15%が欠損した場合でもデータを復元することが可能です。
 一般的には、15%~30%が使用されます。QRコード印刷するご用途の場合は30%を選択することをお勧めします。
 ※ただし、誤り訂正レベルを高くするほど、データ量は大きくなります。

  • 出力日時:PDF帳票をダウンロードしたときの日時を出力


削除
 ×ボタンを押すと、当該の設定を削除します。(削除の反映は「保存」ボタンを押してからとなります)


PDFセキュリティ

  
ユーザーパスワード用フィールド
 PDFのユーザーパスワードとして利用するフィールドを選択してください(パスワード型、または簡易パスワード型のみ選択可)。
 設定すると、PDFを開く際にパスワードが必要になります。


オーナーパスワード用フィールド
 PDFのオーナーパスワードとして利用するフィールドを選択してください(パスワード型、または簡易パスワード型のみ選択可)。
 設定すると、PDFの内容を修正する際にパスワードが必要になります。


暗号化方式
 いずれかの暗号化方式を選択してください。

  • 40-bit RC4:互換性があるバージョンが「Acrobat 3.0およびそれ以降」である暗号化方式
  • 128-bit RC4:互換性があるバージョンが「Acrobat 5.0およびそれ以降」である暗号化方式
  • 128-bit AES:互換性があるバージョンが「Acrobat 7.0およびそれ以降」である暗号化方式
  • 256-bit AES:互換性があるバージョンが「Acrobat 9.0およびそれ以降」である暗号化方式


内容のコピー
 アクセシビリティのための内容抽出
 内容の選択/コピー、スクリーンリーダ(読み上げ)の利用可否の設定です。
 許可しない場合にはチェックを外してください。


印刷
 印刷の可否設定です。
 解像度も選択できます(暗号化方式が「40-bit RC4」の場合は高解像度のみ選択可)。
 許可しない場合にはチェックを外してください。


文書アセンブリ
フォームフィールドの入力と署名
注釈の入力
文書の変更
 ページの挿入/削除/回転、しおりとサムネールの作成、フォームに対する入力、注釈の追加/編集、文書の編集操作可否設定です。
 許可しない場合にはチェックを外してください。


アクセス制限

アクセス権限の設定
  
 PDF帳票のダウンロードに関する権限を指定します。
 [マイエリア]権限を指定した場合は、許可するマイエリアを選択します。マイエリアは複数選択できます。


IPアドレスによるアクセス権限の設定
  
 IPアドレス制限を指定します。
 「制限する」を選択し、許可するIPアドレスを追加すると、PDF帳票のダウンロードをIPアドレスで制限できます。


接続元URLによるアクセス権限の設定
  
 接続元URL制限を指定します。
 「制限する」を選択し、許可する接続元URLを追加すると、PDF帳票を特定のページからのダウンロードのみに制限できます。


ダウンロード可能期間の設定
  
 PDF帳票をダウンロードできる期間を設定できます。
 期間を設定する場合は、開始年月日時分と終了年月日時分すべて指定する必要があります。