HOME > 機能 > 履歴DB

履歴DB

「履歴DB」はver1.12.4でリリースされる新機能です。


概要

履歴DBとは

履歴DBとは、会員のアドレスやログイン認証情報などを格納するマスタDB(通常DB)に対し、マスタ情報に紐づく履歴データなどを格納するDBのことです。
例えば、「会員の情報変更履歴」「顧客への営業対応履歴」「給与明細月別データ」などのデータが、履歴DBを活用いただくことで扱いやすくなります。

履歴DBの機能

通常DBと同じようにお使いいただけますが、一部機能に制限があります。
詳しくは下記「4. 制限事項」を参照ください。


履歴DBをご利用いただくには、オプション契約のお申込みが必要です。


関連するページ
オプション(履歴DB)
履歴DBレコード管理
サーバ移行

目次

  1. DBの作成
  2. DBの設定
  3. DBタイプの変更(履歴DB⇔通常DB)
  4. 制限事項

1. DBの作成

「DB」>「履歴DB」をクリックします。


「履歴DB」画面では、履歴DBの新規作成と確認を行うことができます。
「新規作成」ボタンもしくは「履歴DBを新規作成してください」をクリックして、履歴DBの新規作成に進みます。
※履歴DBをご利用いただくにはオプションをお申込みいただく必要があります。


2. DBの設定

基本設定

履歴DBの基本設定を行います。
DBの「名前」と「タイトル」、「レコード」の数を入力し、「構成設定」ボタンをクリックします。


構成設定

フィールドの構成を行います。左の「フィールド系統」のリストから、使用するフィールドを選択します。


選択するフィールドは、「フィールド系統」右のプルダウンでカテゴリ別に絞り込むことができます。


例えば、「日時」カテゴリでフィールドを絞り込み、「登録日時」フィールドを選択・追加します。
選択したフィールドをドラッグアンドドロップ、もしくは「>」ボタンをクリックして移動します。


また、追加されたフィールドは、ドラッグアンドドロップで並び替えることができます。
※データベース作成後はフィールドの並び替えはできません。


「特殊」フィールド(「クリックカウント」「開封チェック」「ファイル」等)を追加するには、あらかじめフィールドの設定が必要です。
各フィールドの「+」をクリックしてフィールド設定を終えた後、追加することができます。


使用するフィールドの構成が整ったら、下記の項目について設定を行います。


①フィールド名

フィールドの名称を任意で設定することができます。変更されたフィールド名は背景色が切り替わります。


② 差替キーワード

差替キーワードを任意で設定することができます。変更されたフィールド名は背景色が切り替わります。
設定しない場合は、自動的に差替えキーワードが設定されます。


③フィールド属性

 入力必須:この属性を有するフィールドは、データベース登録時に必ず値が必要となります。
 重複不可:この属性を有するフィールドは、データベース登録時にデータの重複が許可されません。
 主キー :この属性を有するフィールドは、データベースを更新する際に、対象レコードを特定するために利用されます。
      したがって、主キー属性が設定された場合、自動的に入力必須、重複不可の属性も有します。


④フィールド操作

「操作」(歯車ボタン)をクリックすると、対象フィールドの「詳細設定」画面が表示されます。


⑤フィールド削除

対象のフィールドをフィールド構成から削除します。


設定に問題がなければ、「新規作成」ボタンをクリックします。DBの作成が完了したら、完了画面が表示されます。
「一覧へ戻る」ボタンをクリックするとDB一覧画面に戻ります。「引き続き設定を行う」ボタンをクリックすると、DBの設定画面に進みます。


履歴DB一覧

作成されたDBは、「履歴DB一覧」画面に一覧で表示されます。
対象DBの「編集」(歯車ボタン)をクリックすると、DBの「設定」「複製」「削除」を行うことができます。


履歴DBの設定

「履歴DB設定」画面では、「設定関連」「操作関連」「その他」の設定を行うことができます。


注意事項

・フィールド数の上限は「150個」、全フィールドのレコードサイズ合計の上限は「16,384bytes」です。
 こちらの上限はオプションにお申込みいただくことで
 フィールド数上限「300個」、レコードサイズ上限「30,000bytes」に拡張することが可能です。
・フィールド属性はWeb機能で作成するフォームの入力必須や重複不可とは異なります。
 フォームの入力チェックはフォームの設定内で可能です。
・スパイラルで半角カタカナは2バイトとして扱われます。
 例)データ一括登録にて、テキストフィールド32bytesに半角カタカナ32桁を登録しようとすると、文字数オーバーのエラーとなります。


3. DBタイプの変更

履歴DB作成後、DBタイプを「通常 DB(normal)」に変更し、通常DBとしてご利用いただくことができます。
また、通常DBのDBタイプを「履歴DB(history)」に変更いただくこともできます。


履歴DBから通常DBに変更する場合

履歴DB設定ページにて、タイプの「変更」をクリックします。


チェックの上、「変更」ボタンをクリックします。


DBタイプが「通常 DB(normal)」に変更されます。

注意事項

・対象の履歴DBの割当レコード数が、通常DBの割当可能レコード数より多い場合、変更できません。
 履歴DBの割り当てレコード数を変更するか、契約レコード数をご変更ください。


通常DBから履歴DBに変更する場合

通常DB設定ページにて、タイプの「変更」から、履歴DBのタイプ変更と同様にタイプを変更いたします。

注意事項

・対象の通常DBの割当レコード数が、履歴DBの割当可能レコード数より多い場合、変更できません。
 通常DBの割り当てレコード数を変更するか、契約レコード数をご変更ください。
・通常DB及び通常DBから作成された仮想DBに配信が完了していないEXPRESS配信、EXPRESS2の設定がある場合、設定を削除しないと変更できません。
・通常DB及び通常DBから作成された仮想DBにシークエンス配信、タイムリー配信、マイエリアの認証の設定がある場合、設定を削除しないと変更できません。


4. 制限事項

履歴DBでは以下の機能が制限されているためご利用できません。
なお、履歴DBから作成された仮想DBでも同様の制限がございます。

  • マイエリア発行
  • 一斉配信機能(EXPRESS配信、EXPRESS2、シークエンス配信、タイムリー配信)



最終更新日:2018/2/19