HOME > 機能 > スパイラルPHP

概要

スパイラルは一覧表や登録フォームなどのWeb機能において、PHPをお使いいただけます。
Web機能に設置したPHPプログラムからAPIでスパイラルにコールし、データベースへのインサートやアップデート、メール機能の操作などを行うことが可能です。
もちろん外部アプリケーションに対してもAPIでコールすることができます。


また、PHPをHTMLに埋め込めるだけでなく、PHPプログラムを単体で実行できる環境を用意しており、時間を指定しての定期実行やAPIからもコールできるので、ロジカルなアプリケーションも構築可能です。

目次

1.スパイラル上でのPHPの利用方法
2.スパイラルPHPバージョンについて

1.スパイラル上でのPHPの利用方法

スパイラルでは以下の2つの方法でPHPを利用できるようになっています。




それぞれの方法における特徴や利用にあたって必要となる詳細な情報は、リンク先をご参照ください。


スパイラルではより便利にプログラムを作成できるように独自のPHPライブラリを提供しています。
どちらの方法であっても、ライブラリはお使いいただけますので詳しくはスパイラルPHPライブラリをご参照ください。


また、PHPプログラムにおいて共通で利用する処理をモジュールという単位で保存することが出来るカスタムモジュールという機能も提供しております。併せてご利用ください。


その他、スパイラルPHPを利用される際の注意事項をご確認ください。


2.スパイラルPHPバージョンについて

スパイラルでは、利用できるPHPバージョンについてそれぞれ提供期間を設けています。
現在使用可能なPHPバージョン、およびその提供期間について詳しくは スパイラルPHPバージョンについて をご参照ください。



最終更新日:2018/3/9