HOME > FAQ > Webアクセスコントロール機能とは

Webアクセスコントロール機能とは

概要

Webアクセスコントロール機能とは、スパイラルで作成したWebページのURLに対するアクセス数がシステム上の上限値を超えた場合に、
自動的に指定の制限ページ(※)にリダイレクトする機能です。


LINEを代表とした即時性の高いコミュニケーションツールの浸透や、大規模なキャンペーン企画の実施など、システムへのアクセス集中が
今後多発していくことを想定し、サービス全体への影響および共用サーバーを利用する他アカウントへの影響を未然に防ぐ、
システムの安定稼働を目的に本機能を実装いたします。



※:「アクセス制限ページ設定」にて設定したページ(あるいはスパイラル外の指定したページ)へリダイレクトします。
   詳しくは、機能「アクセス制限ページ設定」をご確認ください。

機能詳細


■ 上限アクセス数
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  1アカウントあたり 2,400アクセス/分間 (2017年10月26日 現在)


  • 本上限値は、当社にて過去にサービス影響が発生した事案をもとに算出しています。
  • 本上限値は、当社にて定期的に確認、状況に応じて見直しを実施いたします。


■ 対象機能
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  • フォーム
  • マイエリア(ログインフォーム、マイページ、クリックログイン)
  • 一覧表・単票
  • 集計表・グラフ
  • ステップアンケート


上記機能で生成されたURLに対するアクセスが対象です。


※ 対象機能は今後変更する場合があります。
※ スパイラル操作画面における各機能メニューへのアクセスは対象外です。


■ カウント方法
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
対象のURLに対する初回アクセスを起算とし、1分間のあいだに2,400アクセスを超えたタイミングで制限ページへリダイレクトいたします。


(イメージ)



  • 上限値に達している・達していないにかかわらず、カウント値は初回アクセスより1分毎にリセットいたします。
  • 上限値に達した場合、同アカウント内で設定されている対象機能がすべて制限されます。

  例えば、1つのフォームで2,400アクセスを超えた場合、同アカウント内に設定している一覧表やマイエリアのページなども
  同時に制限ページが表示されるようになります。


■ 通知メール
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
上限アクセス数に達し、アクセス制限が開始されたタイミングでアカウント管理者宛に通知メールが配信されます。
本メールの受信設定は「通知メール受信設定」にて設定が可能です。詳しくは、機能「通知メール受信設定」をご確認ください。


Q&A


Q.2,400アクセス/分間 という制限は、URL単位ですか?
A.URLごとではなくアカウント単位です。
  例えば、スパイラルのアカウント内でフォームを1つ、一覧表を1つ設定している場合、
  1分間あたりのアクセス数がフォームへ1,000アクセス、一覧表へ1,400アクセス等と同時にカウントされると制限されることになります。


Q.2,400アクセス/分間 は少ないと思う。制限が頻発するのでは?
A.本上限値は、過去に発生したアクセス集中に伴うシステム全体の動作遅延などの事象を鑑みて算出した閾値となります。
  即時性の高いLINEを使用した大規模告知、人気テレビ番組におけるプレゼント応募告知、先着順をあおった大規模なキャンペーン企画など、
  実績値ベースではある程度事前にアクセス集中が予測できる場合に限られており、そうではない運用においては制限が頻発する想定はござい
  ません。
  今後も定期的にアクセス状況をチェックし、性能改善を図り上限値の向上に努めてまいります。


Q.2,400アクセス/分間 という上限値は今後変更されることはありますか?
A.あります。本上限値(2,400アクセス/分間)は初期設定値であり、今後当社にて定期的に確認を行い当社規定に従って
  見直しを図ってまいります。本上限値を変更する場合は事前に通知の上で本サポートページにて開示してまいりますのでご確認ください。


Q.2,400アクセス/分間 未満のアクセスであっても制限されることはありますか?
A.当社ではシステムへのアクセス状況について常に監視をおこなっておりますが、2,400アクセス/分間 に満たないアクセス数であっても
  当社のサービス提供に支障をきたすと判断した場合に限り、同様の制限を実施する場合があります。
  この場合、制限対象となったユーザー様については制限ページへのリダイレクト期間をダウンタイムとして計測し(※)、
  利用規約 第11条(月間稼働率の保証)に従って必要に応じた賠償対応をいたします。


  ※:当社判断により 2,400アクセス/分間 未満 であるにもかかわらず制限を実施した場合に限ります。
    またこの場合のダウンタイムとは「当社での制限実施日時 ~ 当社での制限解除(通常の上限値 2400アクセス/分間 に設定した)日時」
    となります。


Q.2,400アクセス/分間 以上のアクセスが想定される場合、個別に上限値を上げる等の対応は可能ですか?
A.恐れ入りますが、原則個別に上限値を設定することはできかねます。何卒ご了承ください。
  ただ、本上限値に達しない範囲での運用などご提案できる可能性がございますので、アクセス集中が想定される運用をお考えの場合は、
  ユーザーズデスクまでご相談ください。



関連リンク
アクセス制限ページ設定
通知メール受信設定