HOME > FAQ > 配信エラーログのサブジェクトに設定していない記号がついているがなぜですか?

配信エラーログのサブジェクトに設定していない記号がついているがなぜですか?

通常、個人のメーラーから配信した際、そのメールがエラーになると、受信サーバからエラーメールが返ってきます。
スパイラルのメール配信で取得できるエラーログは、このようなエラーメール内に記載されている
エラーコードや件名などを抽出して生成します。
そのため、受信サーバがエラーメールを返す際、サブジェクトに記号をつけるとエラーログにも
配信時に設定していない記号が残ります。


例)EXPRESS2で一斉配信を行っているが、配信後にエラーログを確認してみると、
  サブジェクトの先頭に設定していない記号がついているログがあった。


設定したサブジェクト:メールマガジンvol.1


エラーログに記載されたサブジェクト:[!]メールマガジンvol.1