スパイラル サポートサイト

powered by SPIRAL PLACE®

HOME > FAQ > フォームの締め切りを設定したい

フォームの締め切りを設定したい

フォームの締め切りは、DBの割り当て、登録者数、受付開始日時、受付終了日時、曜日指定の5種類の設定が可能です。
ご用途にあわせてお選びください。


画面上「Web」>「フォーム」に進み、左メニュー「締め切り」をクリックします。


締め切りたい条件にチェックして設定を行います。



(1)DBの割り当てを越える場合に締め切る
  DBの割り当てレコード数を越えて登録はできないため、この設定は解除できません。


(2)このページからの登録者数が以下の値を超えた場合に締め切る(※)
  対象のフォームからの登録者数によって締め切りを行います。
   例)プレゼント応募受付フォームで「100人の応募があったら締め切りたい」 など。


(3)登録日時が以下の値より前の場合は登録できない
  登録開始日時を指定して、それより前の日付においては締め切りを行います。
   例)キャンペーン応募受付フォームで「2017年1月1日10時00分から登録を受け付けたい」 など。


(4)登録日時が以下の値より後の場合は登録できない
  登録終了日時を指定して、それより後の日付においては締め切りを行います。
   例)キャンペーン応募受付フォームで「2017年12月31日18時00分で登録締め切りたい」 など。


(5)毎週、以下の期間は登録できない
  登録期間を指定して、それ以外の期間においては締め切りを行います。
   例)問合せ受付フォームで毎週土日は締め切りたい など(土曜日00時00分~月曜日00時00分)。


複数にチェックして設定した場合、いずれかの条件に該当する場合に締め切ります。
締め切られた際には「締め切りページ」で設定したぺージが表示されるようになります。



(※)登録者数で締め切りを行う場合の注意
登録者数で締め切り設定を行う場合、対象のフォームに対して登録可能なレコード数をシステム上確保します。
例えば下図のように、DBに対する割当レコード数が「100件」の場合に、フォーム1で「100件の登録があったら締め切る」設定をしたとき、
システム上ではフォーム1で100件の登録ができるよう予めレコードを確保します。
そのため、同一DBに作成した別のフォーム(フォーム2)から登録をしようとしても、DBに割り当てられた100件のレコードが既に
他のフォーム(フォーム1)によって確保されてしまっているため、登録することができない(=締め切りページが表示される)ようになります。
データ操作(DBオペレーション)やデータ登録機能からなどの登録も同様に制限されます。



本設定を行う場合は、他経路からの登録を考慮し、DBに対する割当レコード数に余裕を持たせるなど運用時は注意してください。



最終更新日:2018/1/22