HOME > FAQ > S/MIMEを設定したい

S/MIMEを設定したい

お客様が登録した際に受信する通知メールは、お客様の個人情報を含んでいる場合があります。 スパイラルでは、通知メールをS/MIME方式で暗号化する事ができます。S/MIME設定の流れは次のようになります。


S/MIME通知メール設定概要
① spiral.crt② XXXXX.p12③ XXXXX.crt
公開公開/秘密公開
ダウンロード場所S/MIME暗号化メッセージの署名者の証明書ダウンロード「自己署名デジタル証明書を発行」よりダウンロード (XXXXX.zip)「自己署名デジタル証明書を発行」よりダウンロード(XXXXX.zip)
設定場所メールソフトに設定してくださいメールソフトに設定してくださいスパイラルの画面にテキストを貼り付けてください
備考必須 ※パイプドビッツのルート証明書(PB_CA.crt)が必要になります第三者認証機関の証明書をお持ちの方はそちらをご利用ください第三者認証機関の証明書をお持ちの方はそちらをご利用ください


1.証明書のダウンロード

通知メールを暗号化及び復号化(暗号化の解除)するために必要な「送信者の公開鍵、受信者の公開鍵、受信者の秘密鍵」をスパイラルからダウンロードします。
第三者機関が運営する電子認証局が署名した受信者の公開鍵と秘密鍵をお持ちの方はそちらをご利用ください。
お持ちでない方は、ユーザ本人のデジタル証明書をダウンロードすることが可能です。


2.暗号化メッセージを受信するアドレスの設定

S/MIME暗号化メールを閲覧するメールアドレスを設定します。
また、メールを暗号化するために必要な受信者の公開鍵の設定を行います。
(ここで設定する公開鍵は、3でインストールする受信者の秘密鍵に対応する公開鍵です)


3.証明書のインストール

暗号化されたメールを読むためには、お使いのメーラに証明書をインストールする必要があります。
各種メーラへの設定方法に関しましてはそれぞれの販売元もしくは開発元にお問い合わせください。
証明書のインストール後に、スパイラルからテスト配信を行い設定が正しいことを確認します。


4.通知メール設定

登録ページから登録があった場合の通知先を設定します。
特定のメールアドレスに通知メールを出す方法、もしくは登録内容によって複数のメールアドレスに振り分けて通知メールを出す方法が設定できます。
その際に、通知メールの内容にどのフィールドを含めるか選択することができます。


詳細は通知先管理をご参照ください。


最終更新日:2018/3/26